wonder land.

alice in wonder land*

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タイムマシーンに乗って。 | TOP | 空のなまえ。 >>

2013.02.05 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2010.12.25 Saturday

夜にうたう鳥。

DCIM1314.jpg
わたしのお母さんは週に6日間、朝から夕方までふつうに働くうえに
仕事が終わってから遊びに行ったりして 翌日の朝から仕事でも真夜中に帰ってきたり
貴重なお休みの日でもライブに行ったり お友だちとK1観に行ったり とにかくわたしから見ても若くて(精神的にも見た目にも) 忙しくしてるのが好きなひとで、これはもう親子というか 血だなぁと思う今日この頃です



血のつながりって 時々かなしいくらい強く感じたりして 家族って近いようで遠かったりする
でもやっぱり否定しようとしても絶対否定できないし 切っても切れないものだなぁって思う。



ちなみに わたしのお父さんは元ベーシストでした
わたしは弾いてるところ見たことないんだけどね。

わたしが生まれてからバンドは辞めちゃったけれど、音楽雑誌を立ち上げたりして 頑張っていたそうです。
お父さんとはいろいろあって わたしは音楽をやっていることを19歳までは隠していたし わたしが音楽をやってることを告白したあとも心からは応援してくれなかったかもしれないけれど 血だから仕方ないって思ってたかもしれないなぁ




わたしは 自分のファミリーというものに対して家族っていいな!とか 家族ってすてき!とかほとんど思ったことはないし よくわからないんだけど
でも ずっと自分に流れている血から逃げたくて、否定したくて、
そういう自分を今年はやっと受け入れられたから いろんな意味で 自分や家族を許せることができたんだと思う


代わりに失うものもあったけれど 失ったことを無駄にしたくないし わたしは生きてゆくことでちゃんと自分自身に納得したいな、って思う。
それはわたしにしかできないことだしね。






わたしのからだもこころもわたしだけのものだし
わたしを救えるのもわたしだけ。
それは人を信じてないとか必要としていないとか そういうことじゃなくてね、

誰に好きって言われても 誰に必要とされても 結局自分自身がそう思えないとダメなんだなぁって。
欲しいのは "何か" でも"誰か"でもなく"自分"なんだって気づいた一年でした



これからのわたしに何ができるのか、何を築けるのかわからないけれど
いつかもっとちゃんといろんなものを、人を愛せるように 頑張ろうと思います
そういうのって頑張るものじゃないかもしれないけれど、



いつかちゃんと 自分のなまえも、そのなまえに込められた想いも意味も よかったって思えたらいいな



きっといつか、ね





************************************************

きょうの一曲

"月とハイウェイ"/RECO.

2013.02.05 Tuesday

スポンサーサイト


06:27 | - | - | - | pookmark |

コメント



貴女 の コトバ

いつも 胸 に 響き ます。


きっと 、 いつか。
2010/12/25 9:48 PM by 通り すがり。
>通り すがり さん

ありがとうございます。
コメント嬉しかったです☆


きっと いつか、って
自分に言い聞かせて。
2010/12/30 7:35 PM by 愛@RECO.

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://aiwl.jugem.jp/trackback/166

トラックバック

▲top